夜勤の求人

夜勤のできる看護師さんは高待遇

看護師さんの仕事について話をしていると、よくあがる悩みは不規則な生活ですね。2交代であれ、3交代であれ、夜勤は大変です。

 

また、子育てをしている場合だと、なかなか目を離せなくて、なかなか夜勤はできませんよね。ある程度、大きな病院に勤務していると、24時間保育など充実した保育設備を保有している病院もありますが、中小病院ではほとんとありません。

 

7:1の看護配置の施設基準ができてから、大半の病院で、看護師さんは慢性的な人手不足に陥っています。特に夜勤のできる看護師さんが足りなくて、頭を悩ませている病院さんは多いです。

 

ですので、夜勤専従で働ける看護師さんは給与面で、かなりの高待遇となっています。

 

夜勤専従で働くメリット

給与がよい!

基本給のほかに夜勤手当がつきます。施設によってバラツキがありますが、2,000円〜6,000円ぐらいが相場となっています。8回ぐらい夜勤をすると、大体50,000円ぐらいの夜勤手当となります。

出勤回数が少なくなる

診療報酬の入院基本料算定要件で夜勤専従者の月夜勤時間数は144時間が上限と決められており、これを上回ることができないようになっています。常勤で働いても、日勤の方よりは短い勤務となります。

夜勤できる人は転職に有利

上に書いた通り、看護師不足で多くの病院は頭を悩ませています。特に夜勤のできる看護師さんはいつでもウェルカム状態なところが多いです。

看護師の夜勤の求人を探すには?

高待遇の夜勤の求人ですが、病院ごとに大きく条件が異なるので注意が必要です。先ほど、8回勤務で5万円ぐらいの夜勤手当と言いましたが、これはあくまで平均。高いところでは1回の夜勤で2万円を超える高待遇のところもあります。

 

ハローワークインターネットサービス

どこが、一番、看護師の求人情報が豊富かというと、ハローワークインターネットサービスになります。求人するさい、無料で利用できますので、とりあえず登録している病院さんや福祉施設さんが多いです。

 

問題は求人情報が多すぎて、絞り込むのが大変というところでしょう。また、看護師の夜勤の求人を探そうと思っても、検索条件を

 

・希望する職種「専門的・技術的職業」

 

・希望する産業「医療、福祉」

 

までしか絞ることができません。薬剤師や理学療法士の求人まで出てくるんですよね。しかも、大量に。

 

採用条件については、すべて公開されているので確認できるのですが、反対に言うと、1つずつ求人情報を確認していかないといけません。。また、夜勤の求人の情報を探し出しても、細かな条件はハローワークへ行って確認するしかありません。

 

時間がないと、なかなか難しいです。時間があったとしても、場所によってはハローワークがかなり混雑しているので、大幅に時間がかかってしまい無駄が発生してしまいます。。

 

そこで、おすすめは、看護師専門の人材紹介会社を利用するという方法です。こちらから夜勤専従で働きたいと伝えると、向こうから「この病院はどうですか?」と提案してくれます。無料で利用できますので、使わないと損です。

おすすめの人材紹介会社は?

リクルートナースバンク

転職のプロであるリクルートが運営する看護師専門のサイトです。会員登録は無料!
年間100万人の転職をサポートする転職のプロですので、豊富な求人情報を保有しています。
もちろん、夜勤の求人 情報もバッチリです。

 

▼ご覧ください▼

夜勤専従で条件設定できます!
希望勤務形態を夜勤専従にしておくことで、リクルートナースバンクのキャリアアドバイザーがあなたに最適な求人情報(高待遇な夜勤の求人の情報など)を教えてくれます。

 

会員登録をして夜勤求人情報を提案してもらう

 

求人広告から探すのは大変ですので、無料で利用できるリクルートナースバンクを活用しましょう。